SPJ2021への参加

2021年10月23日(土)、24日(日)にオンライン開催された「スポーツ政策学生会議2021(Sport Policy for Japan 2021)参照URL」に本ゼミナール3年生が2チームに分かれ参加致しました。

4月から2チーム毎に議論を重ね、課題の設定や資料の収集分析、インタビュー・アンケート調査、発表スライド作成、発表準備等を行ってきました。当日は、無事に発表することができました。下記は各チームのタイトルと参加者氏名です。

Aチーム 「スポーツに特化したリユースサービス 〜グラティス実現のための実施案〜」 宮川美月・角田茉祐・會田千枝・吉良優香梨・加納源太(参照URL

Bチーム 「空き家を活用したスポーツ実施率の向上を目指して 〜世田谷区をモデルケースとした事業の提案〜」 栗原里菜・鈴木美紗都・間正雄太・山口祐菜・吉岡里佳子(参照URL

17大学46チームの発表があった中、8チームによる決勝プレゼンにAチームが進出し、優秀賞を受賞致しました。おめでとうございます!

スポーツ政策学生会議2021(Sport Policy for Japan 2021)を運営してくださった皆様に厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

SPJ2021 へ参加した学生一同 ※ 撮影時のみマスクを外しています。